アメリカは決算シーズンに突入し、

早くも大企業の決算も発表されました。

 

でも結果はあまり良いものでは無く...。

また他の会社の業績もあまり期待出来ない雰囲気が漂っています。

 

ドル円はそんなに大きな変化はないものの、

株価が大きく下がったのは気になります。

 

ダウは一時260$の下げ幅を記録し、

暗雲が立ち込めてしまいました。

 

またここ最近相場を引っ張っていた原油価格も落ち着きを見せ、

思うように値段は上がりません。

 

OPECの9月、原油生産量が

先月基本合意した実質的な減産目標の上限を

遥かに超える結果となりました。

 

11月の会合で進展があれば、

原油価格も上昇してドル円等の通貨も良い方向へ向いてくれるでしょう。

 

一応希望の持てるニュースも流れているので大丈夫かと思いますが、

どうなるのか...。

会社経営で言えば、
売り上げの推移をチャート化して行かないと
今後を考えてはいけません。

売り上げの推移は業界にもよりますが、
上がり続けるなんてことはないのです。

上がっていく時には、
それなりの理由があって
下がるときも同じです。

そしてFXも経営学と考えた方が、
どうしたら良いかが見えてきます。

それは為替変動によって
利益が生まれる投資だからです。

為替の動きをチャート化して
上下する理由を突き止めるられるのがテクニカル分析です。

FXのプロから学ぶものは多くありますが、
チャートからロウソク足とか水平線さらにダウ理論などの
分析法をあみ出してトレードに使っているのです。

チャートが読めないとFXはできません。

FXの基本

| トラックバック(0)
最近はサラリーマンをはじめ、学生や主婦など
さまざまな人がFXに挑戦しています。

同時にさまざまな初心者トレーダーが増えているわけですが、
FXのことをよくわからないうちから始めてしまうと
思わぬ失敗にぶつかることがあります。

もちろん失敗を重ねていくうちに
学んでいくこともあるのですが、
やはり証拠金というお金を使って
取引をするわけですから、
なるべく基本は学んでから始めていきたいものです。

FXの基本を学ぶ方法はさまざまで、
関連書籍も多数登場しています。

しかしむやみに書籍をたくさん買う必要はなく、
インターネットの情報サイトやFXの業者のサイトなどからでも、
情報を得ることは可能です。

重要なのは、さまざまなページを見るのと一緒に、
なるべく新しい情報を手に入れていくことです。


FX の基本ポイントとなるのが証拠金です。
FX取引を始めるには証拠金が欠かせません。

株取引ほど大金が必要というわけではありませんが、
FXでは証 拠金が元手、具体的には担保という形になります。

この証拠金にレバレッジを何倍かかけて、
取引を行っていくのです。

FX業者ごとに最低証拠金というものが用意されているので、
どのくらい必要なのかをチェックしておきましょう。

FXがほかの投資と比べて少ない資金でも取引ができるのは、
保証金の仕組みがあるためです。

FX業者からは保証金を使って取引に使う資金を借りることになります。
為替が今後どういう風に動いていくかを
予測できるようになるとFXの勝ちに繋がっていけます。

そして為替相場を予測する要因として、
「ファンダメンタルズ分析」がありますが、
経済動向による見方の分析法です。

そしてもうひとつ「テクニカル分析」があって
群集心理的な要因です。

この2つが大きく為替レートを動かしていくものであることは
FX初心者でも知っているのです。

そして「ファンダメンタルズ分析」はそんなに難しくはなくて、
新しい金融政策が発表されて期待できるものであれば、
為替レートに大きく影響を与えるのです。

でも為替レートの動きには
もっと複雑な動きをするから読みにくいのです。

FXは「ファンダメンタルズ分析」と
「テクニカル分析」の二つを絡めて見れるようになれないと
勝率は上がっていきませんが、FXの難しさはそこにあるのです。
初心者が大金を稼ごうなんて考えて
FXに期待するのなら、
やらない方が良いでしょうね。

ギャンブルにはビギナーズラッキーといって、
始めて馬券を買うと当たる確率は高いものです。

ですから、こんなに楽しいギャンブルはないと
思ってハマっていくのですが、
やればやるほど勝てる物ではないと分るのです。

そしてFXですが、
最初からまず利益がでるのは難しいかもしれません。

でもFXは少ないお金で始められるので、
少しずつやり方を覚えていく物のようですね。

FX会社ではデモトレードと言って、
FXの練習ができるサイトを持っているので、
実際にお金を使わないで、
トレードをシュミレーションできるので、
そこから始めるのも良いかもしれません。

なにしろ、一歩ずつ覚えるのが、FXのようです。

ユーロ情勢

| トラックバック(0)
このところユーロが高騰しています。
3年半ぶりの高値となる134円台まで上昇していきました。

この上昇は米国金融緩和策の縮小先送りを受けてのことで、
リスク選 好度が一気にたかまり円売り圧力が高まってきているためです。

目下ユーロ圏内においては目立つほどの
悪いニュースは出ていませんので当然といえば
当然の結果になります。円独歩安が続いています。

米国金融緩和策の縮小先送りの決定では、
ドル安が進んでいますが、ユーロに関しては好調です。

もっ ともユーロでは、ドイツの総選挙の結果、
メルケル首相が率いるキリスト教民主・社会同盟が
第一党となりユーロはメルケル首相の政府的手腕の下で
さ らに屈強になるドイツ経済に後押しをされて、
ユーロ危機の懸念がさらに遠のくこととなり
ユーロ買いが活発になっていくことでしょう。

ユーロ圏で出ている経済指標もさほど悪くない結果が続いていますので、
ユーロ円に関しては上昇傾向をたどっていくことになるでしょう。

ユー ロ危機の発端であるギリシアやスペインなどの
国々の経済がさらに悪化して国が破綻するということにならなければ
ユーロは経済指標に支えられていくことは 間違いないでしょう。

しかしユーロ危機になる火種は消えていませんので
引続きユーロ圏内の国々の情勢には目を光らせておきましょう。

雇用統計の後

| トラックバック(0)
週末から月曜へ、なかなかパッとしないのはやはり
先週の金曜日は雇用統計の結果が出ましたが、

これを受けて相場は急落、
月曜はかなり穏やかです、
これって夏休み的相場というのかな?
市場は明らかにこの状態でどんどん足が進みそうですね。

この調子で1日中トレードしたらどうなるでしょう
飽きてしまう!飽きなくても集中力は散漫になる可能性が大です、
バカな負け方だけは混んでこないように注意したいですね。

とりあえずドル円は様子見、
ユーロxで行きたいと思います。

いつも思いますがドル円って
意外に話しずらい動きが多いんですよね、
書けないといいますか。

これからはもっとメリハリのある
通貨ペアに切替えがベターかもしれません。

FX取引の税金

| トラックバック(0)

前回のエントリーFXの申告を少々お話ししました、
今回もう少し詳しく書いておきますね。

会社で働いて毎月給料をもらう時には、
必ず所得税などが引かれていますよね。

なんでこんなに取れれるんだーと
いつも腹立たしく思いますが、
まあ仕方ないこ とですよ。

株式投資も同じですね、
儲かった額には税金がかかります。

もっとも証券会社で差し引いて
税金を証券会社が払ってくれる方法と、
税金は引かないで1年間の終わりに
計算して確定申告をする方法を選ぶことは出来ます。

ではFXの場合はどうなんでしょうか。
気になりますよねー。

実はFXで儲けた金額は雑所得になります。
つまり確定申告をすることになるんですよ。

給与所得の人は、普通会社で年末調整をしてくれますが、
それ以外に自分で確定申告をしなければならないんです。

2013年1月1日以降は
復興特別所得税なるものも追加されました。
全部で20.315%が税率になるんですね。

残念ながらこれは正しく申告する必要があります。
まあFXで儲けたんですから、国には税金を払いましょうね。

そして1年間を通して残念ながら
損失だった場合は最高で3年間繰り越しが出来ます。

つまり翌年儲けても、その金額から前年損失した金額を
差し引くことが出来るんですよ。

もちろんそうならないようにしたいものですが・・・。

そうそう!もし損失をした場合でも
確定申告をしておかなければ、
この特例は認めてくれませんので、
必ずしましょうね。

さらに2012年1月の税制改正で変わった所を
詳しく紹介しているサイトがありましたので参考までに載せておきます。
→ FXの税制統一化

FXの申告

| トラックバック(0)
FXを始めるにあたって
必ず知っておいて欲しいのが、
「FXには税金がかかる」ということ。

もちろんFXによる収益が微々たるもので
あれば特に問題はありません。

しかしFXで得た収益が一定額を超えると、
その年(年度末)の確定申告で金額を申告し、
金額に応じた税金を納める必要があります。

会社で得られた 給料(給与所得)と違い、
FXで得た収益は「雑所得」として扱われています。

近年は税務署の調査も強化されているため、
確定申告や納税を怠ることは「脱 税」(所得税法違反)となってしまいます。

これらの変化を受け、FX業者側も
税金に関するさまざまな対応を始めています。

もはや「ばれないから別に申告・ 納税しなくていい」という考えは甘いのです。

FXに限らず確定申告は一度覚えれば簡単にできます。

もちろん分からないことは、税務署でも相談できます。
 「面倒だから」などといった理由で怠るのはとてももったいないことです。

では申告漏れ・脱税した人はどうなるのでしょうか?

まず、脱税していることが わかった場合、
その人は最初に修正申告を行うことになります。

元の税金はもちろん、「重加算税」「延滞税」というのが金額にプラスされます。
つまり脱税をすると、本来の金額よりも少し多い金額を支払うことになるというわけです。
脱税額が巨額な摘発例は、ニュースにもなっていますので、
申告は必ずするようにしましょうね。

FX開始の動機

| トラックバック(0)
アルバイト感覚でFXをやる、
と聞いてピンと来たらかなり
上手な人かもしれません。

しかし実際に知人にもいるのがこのタイプです。

就職難でハローワークに通い詰め、
そのうちに小さい企業でもいいから
待遇のいいところがあるだろう、
と気軽に構えてもなかなかなかったそうです。

とにかく気軽に始めたのが功を奏した そうで、
時間をたっぷりと使ってデモトレードを体験し、
そのまま市場の動きやトレードの方法を覚えたそうです。

無職のままFXをやっていたら、
それが将来希望する収入より大幅に増えてしまう、
うまく波に乗れば長期間資産を運用していくことができるわけですね。

しかしうらやましいものです、
仕事をしながら始めたのとは
常に構え方が違うのでしょうね。

FXはコツコツ

| トラックバック(0)
FXはコツコツと稼いでいくのが一番効率がいいでしょう。

大きく儲けようとして取り引き金額を全額投資して、
持ったポジションと逆方向に進んでしまっては全く意味がありません。

意味がある取り引きをしていくために狙うところはコツコツと稼いで、
稼いだ利益をそのまま次の投資に当てていき取り引き金額を
大き くしていくというやり方で利益は膨らんでいくでしょう。


FXではコツコツとやっても
徐々に取り引き金額を大きくしていくことができますので
コツコツの取り引きで良いでしょう。

コツコツと取り引きをすることの利点としては、
リスクが少ない取り引きとなりますので、
精神的にも安定する取り引きができていくことです。

FXでコツコツと取り引きを重ねていくことで
自分の取り引き方法を確立していくと良いでしょう。

自分の取り引きスタイルを確立して、
勝率を上げていきましょう。

勝率を上げていき自信がついてきたのであれば、
その時は一気に取り引き金額をあげていっても良いでしょう。